2019年11月14日

2019/10総括 やはり「指標Off+MACD Off」

 すっかり寒くなってきたがいかがお過ごしだろう、
サシキンである。

 少し遅くなったが 2019/10 の総括を行いたい。

 前回レポートした通り 10/10 に指標Off の設定忘れによる
損失で 128,626円まで低下した有効保証金だが、
その後発注オプション「指標Off+MACD Off」を忘れずに
設定してテクるオート自動取引を継続した結果、口座の
有効保証金は下記の通り 138,428円まで回復した。

oy1114a1.jpg

 なお 10/1 の有効保証金は 137,866円であったので、
10月の最終的なPLは +562円となり、なんとか指標Off
忘れのマイナスを克服したレベルである。
 改めて発注オプションの設定忘れは反省材料と言えよう。

 以上からテクるオートは正しく設定すれば、
良好なパフォーマンスを示すと考えているが、
諸氏の口座状況はいかがだろう。

 サシキンは引き続き USD/JPY 逆指値売/買、
指標Off+MACDOff をキーにしたテクるオート取引の
可能性を追求する次第である。

posted by サシキン at 12:00| Comment(0) | テクる fx

2019年10月11日

「指標Off」忘れてマイナス決済・・・

 サシキンである。

 自身のテクるオート取引で 10/10(昨日)、
発注オプションの「指標Off」を入れ忘れ、
その結果、マイナス決済を喫した。

 改めて「指標Off」の効果を知るところと
なったので、教訓として報告したい。

 今回の指標Off だが、本番で入れ忘れ、
デモでは入れていたので、その差がわかりやすい
結果となった。比較してみよう。

 本番口座の有効保証金グラフ(指標Off なし:入れ忘れ)
oysa1.jpg

 10/10 の USD 関連の指標Off 予定をカレンダーで確認
oysc1.jpg
 3:00 と 21:30 の2度 USD 関連の重要指標があり、
朝・夜ともに発注Off 予定となっている。

 本番口座の約定内容
oysb1.jpg
 10/10 に新規3件発注・約定(No.5646,5648,5652)し、
その後全てマイナス決済となっている。
 これらは指標Off を設定していれば避けられただけに
痛いミスだ・・・。

 デモ口座の有効保証金グラフ(指標Off あり)
oysd2.jpg
 指標Off を選択していたため 10/10 は発注されず、
約定はなかった。

 指標Off の威力、恐るべし、である。

 テクるオート利用時は忘れず「指標Off」を活用し、
不要なリスクを取らないようにしたい。
 今一度、テクるオート注文のデフォルト設定を
再確認しておこう。


posted by サシキン at 15:30| Comment(0) | テクる fx

2019年10月10日

増税後も、テクるオート+MACD !

 とうとう消費税が増税されたわけだが、
いかがお過ごしだろう、サシキンである。

 前回記載した、テクるオート+MACD での
USD/JPY 逆指値のデモ取引、その後の様子を
見てみよう。

oydemo1008a1.jpg

 「好調である」

 前回とデータ取得範囲の違いが少しあるが4ヶ月間で
+1.55%(年率換算 4.65%)と、リスクコントロール性を
含め、引き続き魅力十分なパフォーマンスと言えよう。

 各自の口座でも、その真価を確かめて頂ければ
幸いである。

posted by サシキン at 18:00| Comment(0) | テクる fx