2020年01月16日

続・テクるオート最強説:年利換算 200%の衝撃

 サシキンの推しスト(推しストラテジ)について、
前回は直近一か月のパフォーマンスを検証したが、
もう少し長期の視点でも見ておこう。

 このストラテジを開始した 2019/8 から本日 2020/1/16
まで 5か月間の口座有効保証金グラフが以下である。

prm20200116a1.jpg

 口座残高は 97,962円 -> 181,324円とほぼ倍増している。
しかも途中のロスカットなど乱高下もなく安定増加しているのだ。
 期間利益は 83,362円、期間投資利益率は 85.09%で、
年利換算 204.2% と、かなりの高率である。

 改めて記載しておくと、このサシキンの「推しスト」記事は
デモやシミュレーションではなく、私自身が UHプレミアムMFX の
実口座で、テクるオート取引を行った結果を公表している。
 上記のグラフも実際の取引画面のスクリーンショットである
(新しくなったプレミアムの取引画面はこのような情報を表示でき、
使い勝手が良い)。

 どうだろう、「推しスト」による 5か月間のパフォーマンス。
 高利益率派・低リスク派のどちらの視点でも「異議なし」では
ないだろうか。

 このテクるオートでの自動 FX 取引の魅力、経験を積まれた
投資家の諸氏にも是非試して頂きたい。

posted by サシキン at 15:00| Comment(0) | テクる fx

2020年01月14日

2020年 テクるオート最強説

 2020年となって半月経過したがいかがお過ごしだろう、
サシキンである。

 早速だが、UHプレミアムMFX で自動運用中のテクる
オート USD/JPY 逆指値ストラテジの取引状況を
確認しておこう。

prm20200114a1.jpg

 上記のように口座の有効保証金グラフはその後も
順調に上昇し、12/16 159,836円 -> 1/14 181,324円と
なっている。

 今年に入っての決済は既に 22件あり、直近1か月の
利益は 21,488円で、月間投資利益率は 13.44% である。
 これは年利換算 161.3% となり、先月を上回るレベルの
非常に高い収益率を維持しているのがわかる。

 この低リスク性と安定した収益性は、FX自動取引として
最強モデルの一つと言えるのではないだろうか。

 UH プレミアムサービスとして相当な研究の結果から
生み出されたと思われるテクるオート USD/JPY 逆指値
(指標Off+MACD Off) は、確かなパフォーマンスを
見せている。
 これは諸氏にぜひ試して頂きたいストラテジである。

posted by サシキン at 18:00| Comment(0) | テクる fx

2020年01月07日

2020年もテクるオート USD/JPY逆指値!

新年あけましておめでとうございます。
今年もサシキン blog を宜しくお願いいたします。

さて UHプレミアムMFX の私の取引口座の状況だが、
前回 12/26 に記事をアップした後に4件の約定があり、
直近2か月の有効保証金の推移は以下のようになっている。

prm20200107a1.jpg

 11/1 は 138,428円であったのが、12/31 に
168,304円となり、現在に至る状況だ。
 2か月間損益 +29,876より月間利率を求めると、
29,876/138,428*100/2=10.79% となる。
 これを年利換算すると 129.49% となるので、
相当な高率と言えよう。

 その取引特性を見ても、有効保証金グラフが
滑らかに上昇し、また保証金率グラフが低い水準に
維持されている点で、低リスクに管理され、安定した
資産運用を実現できていると言えるだろう。

 この間のストラテジはご存知のように、テクるオート
USD/JPY 逆指値(売買)で、オプションは[指標Off]+
[MACD Off]である。

 このストラテジは全てのプレミアムユーザにお勧め
できる、テクるオートの使い方と言えるだろう。
 参考にして頂ければ幸いである。

posted by サシキン at 17:00| Comment(0) | テクる fx